◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
貧血の症状 鉄欠乏性
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


i-mobile


貧血の悩みを持つ人は多いです。
ほとんどは鉄欠乏性貧血だと言われています。
他には、ビタミン不足、赤血球の破壊が貧血の原因です。
特に女性は月経があるので、鉄をたくさん必要とし、
鉄欠乏性貧血になりやすいです。
鉄欠乏性貧血になる原因はいろいろあります。
出血、鉄の少ない食事、鉄の吸収がうまくいかない、
月経、妊娠など出産に関係すること、赤血球が破壊される病気
などが鉄の欠乏の原因になります。
鉄の多い食事をとることで解消できる場合もありますが、
レシピによっては鉄の吸収が悪い、鉄が壊れてしまう場合もあります。
鉄剤を服用することがありますが、副作用には注意します。
○鉄欠乏性貧血
鉄が欠乏することによる。
○再生不良性貧血
赤血球、白血球、血小板が全て減少する難病。
○巨赤芽球性貧血
ビタミンの不足により、通常より巨大な赤血球ができ、その異常な赤血球が成熟しないうちに壊れてしまうので赤血球が欠乏します。
○溶血性貧血
赤血球の寿命が短くなって、赤血球がどんどん破壊される貧血。

貧血がゆっくり進行している場合は、茹で蛙の法則のように貧血になっていることに気づかない場合があります。
健康診断などではじめて気づくことがあります。
貧血の症状があれば、血液検査を受けてみればよいです。
赤血球が赤いのはヘモグロビンという赤い色素によります。
赤血球が減少するので、皮膚や粘膜に赤みがなくなってきます。
検査のときは、まぶたの裏の色を見ます。
まぶたの裏やつめが白いと疑いがあります。
酸素がうまく運搬されないので、酸素が不足した状態になりやすいです。
そのため息切れや動機がおきやすくなります。
さらに、酸素不足のため、めまい、頭痛、疲労感などの症状がでます。
鉄欠乏性貧血貧血になると異嗜症といい、変わったものを好んで食べるようになります。
貧血と冷え性は共通点が多く、貧血を防ぐためには冷えを防ぐということも必要になります。
赤血球を作るために必要なのは、鉄だけでなく、タンパク質やビタミンB郡が必要です。
激しいダイエットをするとそれらが欠乏して貧血になりやすくなります。
鉄、ビタミンの多い食事を取り、さらに鉄の吸収を助けるビタミンCを取ることが貧血の改善に役立ちます。
悪性貧血はビタミンB12や葉酸が欠乏が原因となる貧血です。
粘膜から分泌される内因子が不足して、ビタミン類の吸収障害を起こしてしまうためです。

i-mobile

続きを読む
PC版で見る
(C)貧血の症状 鉄欠乏性